住宅瑕疵担保履行法講習

6月3日 佐賀県嬉野温泉大正屋さんにおいて、
当社の九州エリアの取引先工事業者の方に対し
住宅瑕疵担保履行法についての講習をおこないました。

kasitanpo

住宅瑕疵担保履行法についての講習会開催風景

屋根工事についての住宅瑕疵担保責任保険の施工基準の情報に、
未だばらつきがあるように思われました。
屋根工事側とすれば、住宅の売主または請負人の方の
指示通りの工事を行えば良いのでしょうが、
10月1日からの法律の施行に対し、工事の中でも早めに行われる
屋根工事はそろそろ対象となってくることが予想されるため、
保険の要求を満たすために、従来とは異なった工事を
おこなう必要があるのかどうかを、
不安に思われているように感じます。

今回の講演を快く引き受けていただいた講師の先生には
大変感謝しております。ありがとうございました。

名古屋リフォームフェア出展

5月16日(土)、17日(日)名古屋市千種区の吹上ホールにて開催された
住宅リフォームフェアに愛知県屋根工事連盟の皆様が出展され、
当社の製品も出展していただきました。

名古屋リフォームフェア2009展示

名古屋リフォームフェア2009展示

愛知屋根工事連盟の皆様には大変お世話になりました。

漏水試験

工場内にある漏水試験設備で平板瓦の漏水試験をおこないました。

漏水試験風景

漏水試験風景

製品設計時、漏水などの問題が発生した時に漏水実験をおこなっています。
今回は来訪された方に確認してもらうための実験でした。
粘土瓦で100%雨の侵入を防ぐことはできず、
最終的には瓦の下に敷く防水紙に頼ることになりますが、
できる限り雨水の浸入を防ぐように瓦を製造しています。
今回の実験でも大量の降雨実験に対しても雨水の浸入は
確認できず良好な結果を得ることができました。

試験時の瓦裏面

試験時の瓦裏面

雨の侵入を少なくする工夫など、様々な形状の瓦が開発されていますが、
瓦のネジレによる口空きが大きな要因になるように思われます。
日を変えて、雨に弱いとされる平板瓦の筋葺きをおこなっての
実験もおこないましたが、現実には有り得ない豪雨に対しても、
雨漏りは確認されませんでした。

栄四郎瓦Blogをスタートします。

当ブログを通じて、当社の瓦を施工している公共物件やお寺、
様々な粘土瓦の製造過程などを紹介させていただきます。

丸栄陶業株式会社(社屋)

丸栄陶業株式会社(社屋)

写真は当社、本社事務所の写真です。
愛知県碧南市の北部に位置しています。
三州瓦として有名な粘土瓦の製造をおこなっており、
工場見学を受け付けていますので、
希望される方は当社ホームページ
http://www.eishiro.co.jp/tour/index.html
より、お申し込みください。