‘社内外行事’ カテゴリーのアーカイブ

セラミテック2015

ドイツ、ミュンヘンで3年に一度行われる展示会、セラミテックを視察してきました。ドイツでおこなわれているセラミッテクは粘土瓦や煉瓦などの生産設備を展示する展示会です。窯業全般の機械の展示会はイタリアや中国などでも行われおり、東京でも計画があるようですが、粘土瓦にこれほど深く関わっている展示会は、このドイツのセラミッテク以外には無いように思います。かつては日本からもたくさんの粘土瓦関係者が、この展示会が開催されるたびに視察をおこなっていたのですが、海外の粘土瓦産業にあまり新しい技術も生まれないため、この展示会に行ったという話はあまり聞かれなくなりました。当社も現役の者では誰も行ったことがないという状態であり、もしかしたら大きく変化しているのかもしれないという不安から今回の視察をおこないました。
結論から言うと、あまり革新的な技術は見られませんでした。ロボットの導入や、強度の高い耐火物の登場ぐらいです。それでも大変興味深く、意義のある視察ができました。日本の粘土瓦の成形は金型を用いるのに対し、ヨーロッパでは石膏型を使って成形しています。石膏型は耐久性が無く、型の取り換え作業がとても煩雑だと思うのですが、日本のような金型に変える姿勢は無いようです。それにはなにがしかの理由があるように思われます。また、粘土瓦は海外では日本より、より高級品として扱われているため、高級感を出すための施釉の技術は更に進化していたように思います。
今後、住宅市場の縮小に伴い、日本の粘土瓦のマーケットが小さくなっていくと、製造するための技術も日本国内だけに頼っていることができなくなる心配があります。海外の情報も積極的に取り入れていきたいと考えています。

ceramitec2015

高浜 ONI HOUSE

4月27日に高浜市でオニハウスのオープニングセレモニーがありました。高浜市瓦美術館の少し離れた駐車場内にできた高浜市の観光案内所です。
オニハウスという名称は粘土瓦と深いかかわりを感じさせますが、粘土瓦に限ったものではなく、高浜市の様々な物産なども販売されています。

高浜市観光案内所 ONI HOUSE

高浜市観光案内所 ONI HOUSE

高浜港駅から美術館付近のエリアも、昔の賑わいは無くなってしまいましたが、落ち着いた味わいのある雰囲気が熟成されてきたように感じます。ぜひ多くの方に、瓦の町として歩いていただきたいと思います。

鬼道まつり

鬼道まつり

この日は高浜市の美術館付近で定期的におこなわれている鬼道祭りとも重なり、多くの人で賑わっていました。B1グルメに入賞して有名になった鳥めし以外にも、うどんや揚げパンも高浜市の名物だとのことで、たくさんの屋台などが出ていました。

2014年PV展 

2月25日からの3日間、東京ビッグサイトでおこなわれたPV展に行ってまいりました。
昨年は、産業向けの太陽光発電パネルを野立てするための装置が目につきましたが、一転してそうしたものが少なくなっている印象を持ちました。スマートハウス、HEMSに関する展示が増えたように感じました。太陽光発電も売電価格の変更により、産業向けの需要が減ることを予想し、自家消費型の住宅へ市場をシフトしてきているのかもしれません。粘土瓦のマーケットを浸食されることが懸念されます。
今回、三州の粘土瓦産地からも太陽光パネルを屋根に取り付けることに様々な工夫をおこなっている栄信と屋根技術研究所の展示がおこなわれていました。

栄信製太陽光パネル支持瓦

太陽光パネル支持瓦

栄信からは、新製品として、粘土瓦と組み合わせて利用できる金属製の支持瓦が発表されていました。リフォーム等でも安全で簡単に粘土瓦の上に太陽光発電パネルを設置できる工法であり、屋根工事の知識の豊富な栄信ならではの工夫された製品だと思います。
屋根技術研究所からも新商品の太陽光発電パネルの設置金具の展示が行われていていました。撮影禁止とのことで写真は撮れませんでしたが、三州の鬼瓦メーカーである神仲の考案した粘土瓦で作った同質支持瓦と組み合わせて使う金具の展示でした。当社を含め、粘土瓦メーカー各社が神仲の提案に同調し、対応する同質粘土瓦を作成しています。大きく口の空いた瓦を瓦メーカーが作成し、その口の中に納まる取り付け金具などを、屋根技術研究所などのシステム商品を作っている企業に考案してもらおうという取組みです。すでに市場に出回っているものもありますが、屋根技研製のものは独自の特徴を備えた製品でもあり、同質支持瓦の拡販につながることを期待します。

第8回飾り瓦コンクール

第8回飾り瓦コンクールのオープニングが2月19日に行われました。例年は高浜市の瓦美術館で行われていますが、今回は碧南市の市政65周年を記念して、碧南市の藤井達吉現代美術館で、2月19日より2月23日の期間に行われています。

神谷実行委員長

第8回飾り瓦コンクールオープンセレモニー

飾り瓦コンクール展示風景

飾り瓦コンクール展示風景

瓦造りの伝統技術を継承し、発展させていこうというこのコンクールの目的を果たし、鬼師の方のモチベーションにも繋がっているように思います。多くの方に、このコンクールや飾り瓦に関心を持っていただきたいと願います。
碧南市の藤井達吉現代美術館は水族館や歴史のある寺町エリアにも近く、とても興味深い展示を、毎回、行っています。このコンクールに限らず、一度足を運んでいただきたいと思います。当社の玉津浦工場やエスパニカ工場とも近い距離に位置しています。

第7回飾り瓦コンクール

第7回飾り瓦コンクール

飾り瓦コンクール展示風景

平成25年2月19日より2月24日の間、高浜市の瓦美術館で第7回飾り瓦コンクールが開催されました。
今回は伝統部門とインテリアエクステリア部門に別れ、数多くの作品が出展されました。
回を追うごとに作品のレベルが向上しているように感じます。プロの鬼師の方も、屋根にあげるものと
は違う冒険的な作品に取り組んでいるように思われますし、学生の方々の作品もプロに負けない素晴らしい
ものがたくさん出展されたようです。
非常に興味深い展示会に成長しているように感じます。
来年も多くの方が来場されることを期待しています。