‘施工等に関する内容’ カテゴリーのアーカイブ

チタンの瓦浅草寺

いつでも行けると思いながら、なかなか行けない場所があります。
東京の浅草寺に葺かれているチタン製の瓦を、ずっと見てみたいと思っていましたが、やっと行くことができました。浅草寺に行ったのも、学生の頃のほおづき市に行った時以来です。粘土瓦そっくりで見分けがつかないと聞いていましたが、実際に見てみても、聞いていなければ、疑うことも無かったと思います。

浅草寺の葺かれたチタンの瓦

東京浅草寺に葺かれているチタンの瓦

色もいぶし瓦の経年変色を意識して、少しまばらに色を変えているようです。
最初から粘土ではないと分かっているため、違いに気付くのですが、色がいぶし瓦に比べ、黄色っぽいことと、瓦の角が粘土瓦よりも尖っているように見えます。

粘土瓦を使っていただけなかったことは、残念なことですが、瓦の形状そっくりにしようとしていただいたことには救いを感じます。
瓦が悪い屋根材料ではないことは多くの建物に使っていただいて実証されていますが、「重いから心配」「台風で瓦が飛ぶ」など、消費者の方が心配される要因に対し、現在、充分な対応策がとられていることを、もっとアピールしていきたいと思います。

地震による瓦の被害について

いろいろな方と話をしていると、瓦は重くて地震で家が倒壊する心配があるという話を聞きます。瓦をおろして、軽い屋根材に葺き替えるという話も時々耳にします。
これはまったくの誤解です。瓦を軽いものに葺き直しても、昔の家で当時の耐震基準で作られた家は耐震性は確保できません。逆に今の家であれば、瓦に充分な耐震性で構造計算をされています。
古い耐震基準で作られた家の耐震性を確保するためには、筋交いを入れたり、壁量を増やすしか方法はないのです。

東日本大震災でも関東地方を中心に多くの屋根瓦が屋根の上で崩れています。しかし、これは重さとは関係のない問題で、留めつけがしっかりしていなかったため、瓦が外れてしまったという問題です。
昔の瓦工事は、その地域ごとに異なり、地震や台風がよく来る地域では厳重な工事がおこなわれ、天災があまり来ない地域では比較的、簡易な工事がおこなれていました。
簡易な工事では台風や地震などで瓦がずれたり、落ちたりする可能性があります。

瓦が重いから危険だというのは、まったくの誤解なので、瓦業界では対処のしようがありませんが、ずれたり、落ちたりするのは瓦業界で防ぐことの出来る問題なので、10年ほど前から、全国的な安全な工事方法の基準を作ろうと取り組み、ガイドライン工法という工事方法を提案してきました。瓦の留めつけの基準を決めた工法です。今回の震災でもガイドライン工法でおこなった屋根についてはほとんど被害が無いか、あっても軽微であるとの報告を聞いています。

多くの方が瓦の屋根の上で外れてずれているのを、重さの問題と混同しているように思います。これらはまったく別の問題です。
訪問販売などによる屋根を軽くしましょうという誘いは、屋根を軽くしたからと安心してしまい、本来おこなわなけらばならない壁の補強などの耐震性の強化をおこなわずに済ませてしまう危険性をはらんでいます。

瓦は耐久性、機能性に大変、優れた屋根材です。愛着を持って長い間使っていただきたいと思います。

技能グランプリ

 3月20日、21日千葉県の幕張でおこなわれた屋根工事の技能グランプリを見学してきました。今年度は三州瓦の同業社である創嘉瓦工業さんのJ形瓦(和瓦)とF形瓦(平板瓦)を腰葺屋根のように葺くという課題でした。

屋根工事グランプリ2010

屋根工事グランプリ2010

 和瓦では、隙間なくいかに綺麗に施工するかということを要求されます。粘土瓦は他の焼き物に比べ、寸法精度も悪く、ネジレもあり、そうした粘土瓦を調整しながら、葺くことに屋根職人の技能が必要です。瓦の中には、屋根職人の方に削ってもらうことを前提に少し大きめの瓦を作る製品もあります。瓦を削ったり、高さ調整をしたりして瓦を収めるのには、大変な修練が必要であり、こうした瓦施工の技能の高さは、日本はずば抜けて世界一であると思います。
 私達、粘土瓦製造業者も、屋根職人の方の技能に応えるような製品を製造する責任を感じます。また日本の瓦屋根の素晴らしさをより多くの方に理解してもらうよう努力していきたいと思います。

屋根架台

屋根架台

再び北海道

粘土瓦の市場開拓を目的として、愛知県陶器瓦工業組合組合員として、9月に続き再び北海道に行ってまいりました。今回の主な目的は、旭川にある北方建築総合研究所での瓦の暴露試験架台設置の確認と、耐凍害性能を示す各種試験についての説明をうけることです。
今後、愛知県陶器瓦工業組合では三州瓦の耐凍害性能を、同研究所に依頼して実証していくつもりです。

上記のような実験をおこなおうとしていますが、実は北海道には、かなりな数の瓦を施工した物件が有ります。今回の訪問の間にも、数多くの物件を北海道の瓦施工業者、合田板金工業の合田社長様、凡陶石の林社長様に案内していただきました。本当にお世話になりありがとうございました。

登別マリンパークJ形素焼き瓦

登別マリンパークJ形素焼き瓦

登別では数多くの住宅に瓦が使用されていることを確認しました。写真は登別にあるテーマパークであるマリンパークの写真です。工事がおこなわれて10年以上になるものと思われますが、瓦には問題は発生していません。住宅で使われている瓦にも問題はおきていないようです。

札幌お寺山門J形陶器瓦

札幌お寺山門J形陶器瓦

札幌市内のお寺でも瓦が使用されていました。
その他にも札幌市周辺で瓦使用物件を見学してまいりました。凍害の発生は確認されませんでした。
しかし、一部の屋根では、雪による瓦のズレなどが春先に発生することがあるようです。今後の愛知県陶器瓦工業組合の取り組みとして、凍害についての実証試験をおこなうことと共に、寒冷地、降雪地での施工仕様を発表することを計画しています。

市場開拓のための北海道視察

三州瓦を始めとする粘土瓦は、凍害が発生するとして寒冷地では使用されてきませんでした。しかし、製品品質の向上によって、現在生産している三州の粘土瓦は昔のものとは異なり、耐寒性能をもった寒さに強いものになっています。
北海道では屋根材として主に金属が使用され、粘土瓦の北海道への出荷はごくわずかでした。しかし、寒さに十分耐える屋根材であり、粘土瓦の外観の立派さや、耐久性能などの特質から北海道で粘土瓦を使用したいという要望が高まっており、三州瓦では組合を中心に北海道での市場開拓に取り組んでいます。
現在、個々の企業は製品品質の確保を各自の責任として北海道への粘土瓦の出荷をおこなっていますが、組合として安全なデータや施工基準を作成しようと取り組んでいます。

この度、組合の市場調査に同行する機会がありました。
北海道の屋根工事業者の方と寒冷地や積雪地での施工方法の会議をする前に、北海道で使用された瓦の劣化の状況を見に行こうということで、札幌に近く、かなり以前に粘土瓦を納入した現場が、観光施設の「北海道開拓村」にあるとのことで、「北海道開拓村」に行ってきました。

kaitakumura1

いぶし瓦が施工された建物

同行していた野安製瓦さんにより納入された瓦であるとのことです。雪によって削られてしまったことが原因なのか、いぶしの銀膜が剥がれた黒色化が通常よりも早いようですが、いぶし瓦の味わいが出ているとも言えます。凍害は下から見上げた限りでは確認できませんでした。

陶器瓦が施工された物件

陶器瓦が施工された建物

釉薬を使用した陶器瓦の建物もありました。こちらの屋根も凍害は確認されませんでした。
毎年、北海道で何棟もの家に瓦が使用され、問題ないとの情報をいただいているため、今更、確認する必要も無いのですが、問題ないことを目にし、安心することができました。

その日は、もう一ヶ所の粘土瓦の施工現場を見学し、施工業者の方との会議をおこないました。翌日は旭川に移動し、北海道立北方建築総合研究所に行ってまいりました。
こちらの研究施設で屋外の粘土瓦の暴露試験をおこなう予定をしています。

暴露実験施設
暴露実験施設

写真は暴露実験の施設です。寒くなる前に瓦を持ち込んで瓦の施工を予定しています。瓦を施工した建物は旭川のこの実験施設のすぐ近くにもあるとのことですが、実験施設でのデータも必要であると考えています。
この研究施設はとても設備の整った建築の研究施設であり、複合劣化試験設備等、建材等の性能検査のための試験装置を見学させていただきました。三州の産地からではとても遠い施設ですが、粘土瓦の性能を明確にするために、お付き合いさせていただきたいと考えています。