2015 年 11 月 のアーカイブ

上海芸術博覧会2015 三州鬼瓦出展

三州の鬼師の方々の協力を得て、11月12日より15日までの間に中国上海で開催された第19回上海芸術博覧会2015という展覧会に出展をおこないました。上海芸術博覧会は中国国内外の画廊や美術商が一堂に会し、美術品を紹介する見本市です。
今回の展示会には三州の手造り鬼師17名の方々に、鬼瓦や飾り瓦を各1点づつ持ち寄ってもらい、その作品を鬼師の方の紹介と共に展示をおこないました。中国の方に、鬼瓦等の伝統的な技術と造形に興味を持ってもらうことによって、日本の粘土瓦やその文化を理解してもらおうという試みです。
上海芸術博覧会丸栄陶業鬼瓦出展ブース

中国から伝わった瓦文化が日本でどのように変化し、現在に受け継がれているかを中国の方々に知ってもらいたい。また、日本人よりも海外の方の方が鬼瓦などを新鮮に感じ、その造形の面白さに日本人以上に関心を抱いていただけるのではないかと期待をして出展をおこないました。
中国の陶芸の歴史は古く、技術的にも大変優れているため、日本の鬼瓦が見劣りしてしまうのではないかと心配していましたが、銀いぶしの独特な色合いや、日本の歴史の中で培われてきた造形は、多くの中国の作品に見劣りすることなく、たくさんの見学者の関心を集めていたように思います。
展示会終了後にも見学者の方から問い合わせの連絡が入ってきているようです。

展示会の開催に伴い、当社の取引先や出展した鬼師の方に参加していただき、展示会の見学を含めた視察旅行をおこないました。当社の製品の納入実績である宜興大覚寺の見学などもおこないました。ご参加いただいた方には感謝申し上げます。
宜興大覚寺