2012 年 11 月 のアーカイブ

瓦造形展出展

 2012年11月15日~24日の間、東京六本木の国立新美術館の野外展示場で第19回瓦造形展が開催されました。

瓦造形会

第19回瓦造形会 国立新美術館

 非常に多くの作品が出品され、芸術家の作品にも負けないレベルの高い作品が数多く出品されていました。瓦の職人の方が、瓦を使って造形物を制作したり、新しい屋根形状を提案してきた展示会ですが、非常に大きな作品や見応えのある作品、考えさせられる作品など、大変充実しており、有意義な展示会であったように思います。

 今回は会場が六本木の国立新美術館という立派な会場であるということもあり、賑やかしとして、私ども、粘土瓦メーカーに対しても出展の要請がありました。私ども三州を始め、各粘土瓦産地からも出展がおこなわれ、作品の一部として展示していただきました。
 当社では、粘土瓦を製品として作ってはいても、造形作品のようなものは作ったことがありません。また、粘土瓦メーカーとして、どのようなものを出展したらよいのかを悩みました。結果、芸術的なものを作るのではなく、新製品や製品開発のために試験的に取り組んでいることをお見せすることが、個人ではないメーカーの立ち位置として良いのではないかと考えました。
 当社でも新色、焼成技術、新形状など様々なものに取り組んでいるのですが、来場者の目をひくだろうと金箔瓦を出展させていただきました。

造形展への出展品

丸栄陶業の出展品 金箔瓦

 金箔瓦は特別新しいものではなく、織田信長の安土城でも使われていたと言われています。しかし、現在は金色の瓦は金色の釉薬の瓦が一般的で、金箔を貼った瓦の注文はほとんどありません。価格や耐久性の問題があるのですが、しかし、最近になり、海外からの問い合わせが頻繁に入ってくるようになりました。
 改めて見ると、金箔の上品な色がいぶし瓦の色ととてもあっているように感じます。当社としても、金箔瓦の良さを多くの方に認識していただきたいという気持ちで、現在、瓦に貼った金箔の耐久性の向上と品質の安定、製法によるコストダウンについて実験を繰り返し行っているところです。
出展品の瓦の形状としては、まったく工夫の無いものでしたが、そうした考えで出展をさせていただきました。

 造形会の皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。

チタンの瓦浅草寺

いつでも行けると思いながら、なかなか行けない場所があります。
東京の浅草寺に葺かれているチタン製の瓦を、ずっと見てみたいと思っていましたが、やっと行くことができました。浅草寺に行ったのも、学生の頃のほおづき市に行った時以来です。粘土瓦そっくりで見分けがつかないと聞いていましたが、実際に見てみても、聞いていなければ、疑うことも無かったと思います。

浅草寺の葺かれたチタンの瓦

東京浅草寺に葺かれているチタンの瓦

色もいぶし瓦の経年変色を意識して、少しまばらに色を変えているようです。
最初から粘土ではないと分かっているため、違いに気付くのですが、色がいぶし瓦に比べ、黄色っぽいことと、瓦の角が粘土瓦よりも尖っているように見えます。

粘土瓦を使っていただけなかったことは、残念なことですが、瓦の形状そっくりにしようとしていただいたことには救いを感じます。
瓦が悪い屋根材料ではないことは多くの建物に使っていただいて実証されていますが、「重いから心配」「台風で瓦が飛ぶ」など、消費者の方が心配される要因に対し、現在、充分な対応策がとられていることを、もっとアピールしていきたいと思います。