2012 年 3 月 のアーカイブ

瓦原土採掘

当社の本社のすぐ近くで瓦土を掘っていたので、写真を撮りました。
近くの田んぼを借り上げて、瓦土を掘っている光景は珍しくはありませんが、碧南市内ではあまりありません。写真の手前は干上がっている田んぼです。

碧南市内の採掘現場

粘土採掘現場

このように田んぼから採掘された地元の土を三河土と呼び、豊田市やみよし市以北で採れる土を山土と呼び、ブレンドして粘土瓦の材料にしています。
三河土は粘り気があるとされ、粘土瓦の細かい細工に向いていると言われていますが、単体ではばらつきがあるようです。三河土の採掘の現場は、写真ではわかりにくいでしょうが、それほど大きなものではありません。

粘土採掘風景

粘土採掘風景

一時は三河土の枯渇も心配されましたが、現在は採掘業者の方々の努力により、原土が確保されています。

三河の窯業展 2012

今年も碧南市、高浜市の窯業関連団体により、3月4日~9日の間、東京ビッグサイトでおこなわれた建築建材展内に、三河の窯業展として、ブース出展をいたしました。

三河の窯業展2012

三河の窯業展2012

当社の所属する愛知県陶器瓦工業組合でも、震災に強い瓦、低温焼成瓦、太陽光発電パネルとの組み合わせなどの粘土瓦の展示をおこないました。粘土瓦が地震に弱いという誤解を払拭しようという展示に、海外の報道機関アルジャジーラも取材をおこなっていただきました。
今回は鬼師の方々により、会場での鬼瓦等手造り品の制作実演をおこないました。
瓦に関わっている私達でも鬼瓦の制作に立ち会うことはあまりありませんが、入場者の方はその迫力に驚いたことと思います。